ポイントを抑えて建築の求人を探してみよう

求人募集の中でも今回は建築の求人に着目していきましょう。建築の求人を探す時には、求人誌を見るのも良いですが、一番手軽に探せる方法はネットを活用することです。ネットで求人を検索すると、複数の求人サイトから探せるため、自分に合った求人を見つけやすいというメリットがあります。一口に建築の仕事といっても、いくつかの種類があります。安全性や耐震性を考慮し、建築物の設計や工事管理を行う建築士、家具や照明などのインテリアを選んで、その雰囲気に合った快適な空間を生み出すインテリアコーディネーター、店舗や美術館、ホテルなど様々な空間をその場にふさわしい内装や装飾を演出していく空間デザイナー、カーテンや照明などの内装全般の企画や設計を行うインテリアデザイナー、不動産営業といった種類がありますので、求人を探す前に、自分がどういった仕事がしたいか明確にしておくことが大切です。

建築の求人を探す時のポイントについて

現在、検知器業界では、2020年のオリンピックに向けて需要が増加傾向にあり、求人が増えています。建築業界の求人を探している方には、探しやすい状況ではありますが、大切なことは自分が建築系のどんな仕事がしたいかということです。自分に合った求人を見つけるには、大手求人サイトだけではなく、求人専門のサイトも並行して活用するのがおすすめです。そうした方が、幅広い職種や企業と出会うことができるからです。サイトにはCADオペレーターや建築設計を中心とした求人サイトや、建築・インテリア系に特化したサイト、空間づくりに携わることのできる求人が多いサイトなど様々なサイトがあります。サイト探しに迷った時は、実際にそのサイトを利用して、就職活動した人のレビューを参考にしてみるといいいでしょう。また、建築の仕事に就きたい場合、建築士など資格を有していなければならない場合もあるので、確認しましょう。

自分に合った建築の求人を探すには

建築の求人には、給与や待遇面など企業によって異なります。求人に応募する時には、これらあの情報を確認しておくことも大切です。大手ゼネコンや大手建築設計会社などの上位層は、給与が高く、土日祝が休日といった場合も多いですが、下請け業者になるとコストや納期などのしわ寄せも大きくなるので、労働環境や待遇面も悪くなってしまいます。また、職種による違いもあり、建築系の仕事の中でも激務と呼べる施工監理の仕事については、朝が早く、現場が終わってからの対応や休日に急な対応をしなければならなく、休める時間があまりないと言われています。建築設計事務所の中でもアトリエ系と呼ばれる事務所では、休日が少なく多い、給与も少ないと言われています。このように、職種だけではなく、待遇や給与面についても様々なので、面接時にしっかりと確認しておきましょう。