自分にぴったりの建築の求人を探す方法

建築の求人と一口に言っても、建築士・宅建建物取引主任者・インテリアコーディネーター・空間デザイナー・電気工事士・CADオペレーターなど、建築の仕事はとても幅広いです。漠然と建築の仕事がしたいと考えている方は、自分に合う職種を知っておいた方がよいのではないでしょうか。例えば建築士ならば、建築物をデザインするのに重要になってくる美的センスや、構造をイメージし、どのような土台にするかなど物理や地学など知識が必要になってきます。自分に向いている職種を知ったうえで、求人を探すとよいでしょう。職種によって就職先や将来性、必要な資格も変わってきます。自分が将来どういう働き方がしたいのかをよく考え、早めに行動することが、自分の可能性を広げ自分に合った求人を探すことができるでしょう。

建築の求人を探すのと同時に将来を考えましょう

自分のつきたい建築の職種が決まったら、求人を探すと同時に将来的なことを考え、資格を調べておくとよいでしょう。受験資格を満たさなければならないものもあるので注意しましょう。もし建築士を目指しているならば、一級建築士、二級建築士とありますが、いくつか受験資格があります。大学・短大・専門学校の建築学科の卒業された方ならば、実務経験を積まずに試験を受けることができますが、学科が土木科の場合、1年以上の実務経験が必要になってきます。建築とは関係のない普通科高校を卒業された方は、実務実績を7年以上積むことで受験のための資格を得ることができます。一級・二級どちらを受けるかによって受験資格が変わってきますので、把握しておくとよいでしょう。大学を出ていないからといって不利ではありませんが、一級建築士の資格を目標にしている方は、長期的に専門的な知識を学べるという点で大学へ進学するのが有利になると考えらえます。

諦めずに建築の求人を探してみよう

転職で建築関係の仕事を希望している方もみえるでしょう。未経験といっても、全くの未経験者と実務未経験者がいます。実務経験者とは、大学の建築科や土木科で基礎を学んで卒業した方のことをいいます。建築の知識があるものの、建築の仕事に就いたことがない方のことです。未経験者の方は知識もなくて建築の仕事ができるのだろうかと心配され、求人を探すのを躊躇っている方もみえるかもしれません。ですが、絶対に不可能なこととは言い切れません。例えば建築士ならば資格がなくても働くことができるからです。ただし、建築士として長期間現場で活躍したい方や将来的に独立を考えている方は資格を取得しておくべきでしょう。建築科の学校で学びなおすという手もありますが、7年働いた実績があれば受験資格を得ることができるので自分に合った道を選びましょう。