プロフィールムービーが結婚式では必要になります

作成をして流す目的を把握しましょう

結婚式を行う際は、ほとんどの人がプロフィールムービーを流す傾向がありますが、本当に必要なのかと考えてしまう人がほとんどになります。流さなくても良いのではないかと考える人もいますが、なるべく流すようにしましょう。なぜ必要なのかと言いますと、参加をしてくれている人に、自分たちのことを知ってもらうためになります。小さい頃から友人だった人が参加をしてくれる場合もありますが、中には高校や、専門学校などに入ってから知り合いになった人が参加してくれる場合もあります。この場合は自分たちが小さい頃の写真などを見たことがないので、その人たちに見せると言う意味もあります。また両親と一緒に思い出を共有する目的もあるので、なるべく作成をして流すようにしましょう。

あまり長くなりすぎないように注意をする

結婚式のプロフィールムービーを流したいと考えている場合は、どれだけの長さにするのかしっかりと覚えておくようにしましょう。あまりにも長すぎると、参加をしてくれている人たちが全く見てくれなくなる傾向があります。あまりにも長いと飽きてしまい、最後の方は見てくれないなどの可能性があるので、せっかく作っても意味がない状況になります。どれくらいの長さにした方が良いのか迷っている場合は、5分前後で作成をすることを考えてみましょう。5分前後であれば、飽きてしまう人が非常に少なく、最後までしっかりと見てもらえる傾向があります。中には10分程度流す場合もあります。10分程度であれば問題はありませんが、それ以上長くなってしまうのはなるべく避けた方が良いと覚えておきましょう。

お色直しのタイミングで流す際の注意点

どんなタイミングで結婚式のプロフィールムービーを流すべきなのか考えている人たちもたくさんいるでしょう。流すタイミングは非常にたくさんありますが、お色直しのタイミングで流す人が非常に多いので覚えておきましょう。お色直しの場合は、主役となる新郎新婦が席を外します。この際に参加をしてくれた人たちを飽きさせないために、流す場合が多くあります。お色直しのタイミングでプロフィールムービーを流したいと考えている場合は、平均的な5分よりも少しだけ長く作成をすると良いでしょう。お色直しには非常に長い時間がかかってしまいます。その間流していれば、参加をしてくれた人たちが飽きずに時間を過ごすことができます。長くしようと考えるとそれだけ、作成をする際も時間がかかってしまう傾向がありますが、写真だけではなくコメントなどもしっかりとのせていくと、長く作成できるようになります。

ピックアップ記事一覧